走り始めて27年目。走る理由②

ブログ

京都でランニングトレーナー、ピラティストレーナーとして活動します、吉田里紗です🏃‍♀️🏃‍♀️

 

走り始めて27年目。原点回帰🌐

中学入学🏫

 

吹奏楽部を諦め、、陸上競技部を選択。

 

この当時の陸上競技部は、短距離も長距離もレベルが高く、厳しい環境に。

まだ、仮入部期間は種目も決めず1年はほぼ練習は同じ内容。

 

そして、忘れもしない5月。

 

授業でバレーボールをしていた時に。

相手チームの子がサーブミス。

 

ミスしたボールを全力疾走で追いかける。。

 

『ドーン!!』

 

前にあった鉄棒にぶつかって、おでこから出血。

 

救急車で搬送。

10針以上縫う。

 

ガーゼをして陸上部を見学。

 

チーン😂

 

 

練習の見学する日が続く。

 

 

 

そして回復後、少しまだそこそこ走れた短距離。

低学年リレーのメンバー候補に入り、バトンパス練習。

今でもパスの感じはほんの少し覚えている。

 

 

何日間?何週間か経ち、、

種目を決めないといけなくて。。

 

 

長距離を選択。

 

 

その日からリレーメンバーを外され、長距離に専念。

キツイ練習が始まる。

 

 

 

当時、京都市で活躍する実力がある先輩が3年生1人、2年生3人。そして、私より少し速いかもな同級生1人。

あと、他に10人くらいメンバーが。

先輩は当時ダンベルを持って練習。

 

全く追いつけなくて。

180mのホントにマルみたいなグランドのトラックを5周と100mで1000m。この練習を毎回必死に先輩の姿を見て走る。

 

 

少しずつ近づいてきて。重りは持たずやけれど、秋近くには抜けるように。

秋には、、市内の駅伝大会が‼︎

 

メンバーから見て入れるとしたら5人中4人はほぼ決まり。1枠を実質1年2人で争うことに。

 

当時もう1人の1年生は貧血気味でもあり、最終選考を勝ち取り駅伝メンバーに。

 

 

市内駅伝当日。私は3区担当。

2位で襷をもらい、、1位へ。

 

 

そのままチームは優勝!!

 

『光る一年生の力走』

 

と、新聞に小さく載る。

 

中学の何もなくていちばん良い思い出。笑

 

 

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました