走り始めて27年目。走る理由⑦

ブログ

京都でランニングトレーナー、ピラティストレーナーとして活動します、吉田里紗(さりぃ)です🏃‍♀️🏃‍♀️

 

走り始めて27年目。原点回帰🌐

 

自分史上最高から1日。

会場にテントを忘れたことを知った私たちは、先生に呼び出されてこっぴどく怒られる。

しばかれたと書いてあるのはナイショ

 

この時実は、腸脛靭帯炎に近い痛みがあり翌日以降はあまり走れず。学校にあったトレセン(トレーニングセンター)でひたすらトレーニングを重ね、当時家にあったコンビ社のエアロバイクで汗を流す日々。

しかし、出来るだけ走りたいと思っていたので、ギリギリ痛みが収まっている時には自主練として距離を稼ぐ。

 

近畿大会まで約3週間。

 

ある時、たまたま食べないようにしていたパン🍞を口にした。

 

それからがどん底の始まりだった。

 

どこかに収まっていたスイッチが一気に入った。

 

食べても食べても止められない。

 

菓子パンが美味しすぎて、休みの日には1食で10個食べたりするのが普通になった。

 

一つの店で10個買うのは恥ずかしい、という気持ちはあったから3軒ほどハシゴして買いに行った。

それを狂ったかのように走って買いにいく。

 

家で一気に食べる。

ほっ、とする。

 

 

直後に自己嫌悪。

 

太りたくない私は、コーラックを飲み帳尻を合わせようと。

 

しかも1粒とかじゃなくて1シートを一気に服用。

 

トイレから出れるわけがない。

 

家にあるエアロバイクをひたすら漕ぐ。

そんなくらいで体重が元に戻るわけない。

 

これを繰り返し、2週間で5kg増。

その1週間後に近畿大会。

同じ1区。

 

走れる訳がない。

 

成績が悪く、会場から帰ったその日にまた叱られて追加の練習。

 

体重のコントロールは難しくなり、

過食が止められなくなる。

 

50kgはすぐにオーバーし、最終的にはいちばん酷い時で63kg、33%の自分史上最高をたたき出す。

 

高校の後半は太った写真しか残ってない😅

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました