ランニング時の腕振りについて考えてみよう①

Re+情報

京都でランニングコーディネーターをしています、吉田里紗(さりぃ)です🏃‍♀️🏃‍♀️

私は普段ランニングサークルやパーソナルでは、下半身の動きに着目してアドバイスを行なっています。

 

もちろん、上半身の動きはとても大切なんですが。

 

今回は少し分けて腕振りについて考えて頂きたいと思います。

 

 

今日は握り方について。

 

 

さて。

どの握り方が良いと思いますか?

 

①グー

②チョキ

③パー

④チョキandパー

 

人によって違うかもしれません。

慣れてる動きがいちばんかもしれません。

他の動きとの兼ね合いもあるので

 

『これが正しい』とは言いません。

 

効率が良いかどうかです。

 

身体の動きから効率の良いものをお勧めしておこうと思います。

 

①グーは、、

しっかり握ってしまうと腕に力が入りやすくなりますね。

手首から肘までの前腕

そして、力こぶ部分の上腕

翌日に筋肉痛に繋がる人もいます。

全体的な力みに繋がります。

 

②チョキは、、

グーよりは力が抜けます。

ですが、薬指と小指を親指で押すような動きは、特に親指側から腕への力みに繋がり、グーに近いような状態になります。

 

③パーは、、

かなり力が抜けていきます。

力が抜けるのはオススメです。

 

ただ、全力で走る短距離であれば肩甲骨や腕を振ることができますが、これが長時間続くと、手首の返しが入ってきます。

肩甲骨や腕ではなく、手首が動いて指の向きが進行方向に向かって

 

真っ直ぐ→下→真っ直ぐ→下

と、

手首のリズム=腕振り

になってしまいます。

 

④チョキandパーは、、

いちばん効率が良いのはこの握り方です。チョキを緩めた感じ。

 

なぜ良いのか。

 

握っている時の形が実は良いのです。

 

一度やってみてください。

 

その時に感じて欲しい部分は

 

✅首

✅肩

✅胸

✅腕

✅背中

の筋肉や動きについて観察してみることです。

 

 

握り方で力の入る部分と入らない部分が変わってきます。

 

改めて次の『ランニング時の腕振りについて考えてみよう②』で形について見てみようと思います✨

 

フォームや動きについて不安がある方は、お問合せくださいね。

 

体重移動はどっち⁇
あとレッスン2回です!
JOIN.2020秋☆新作解禁‼
体重コントロールの難しさ②
体重コントロールの難しさ①

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました